瀕死日和

ゲーム録だったり読書録だったり感想いろいろ

結城友奈は勇者である#4.5 感想

気が付けばうっかり感想がたまる

そして6話はまだ見ていない

 デザインはすごく可愛いと思うのに、作品としては少し惜しい気がするのはなぜなんだろうか

 

4話「輝く心」

戦闘一切なしであった。いつバトルがはじまるのかドキドキしてた時間を返せ。

姉妹メインのお話。妹ちゃんがひたすら恥ずかしがり屋で姉も親のことで闇を抱えてるんだなぁということがわかりました。キャラたちが歌を披露したのはキャラソンへの布石でしょうか。

夏凛ちゃんがサプリメントマニアというのが可愛くていいね

 

5話「困難に打ち勝つ」

OPに夏凛ちゃんがいた!なんか一安心!

・・・というか、最終、回?と思われても仕方がないような・・・最初から最後までバトル全開で、前話とのギャップが半端ないでござる。全員(夏凛除く)が満開というスペシャル装備にメイクアップして戦ってましたね。最後はまさかの宇宙決戦。これあれだな、まどマギじゃねぇな、プリキュアだなと悟る私。

次回からはどんな展開が待ち受けているのやら。12星座が終わった後は干支ですかな。

 

プリキュアといえば現行のハピネスを久しぶりに見たところ、パワーアップ変身時にまさかの歌を歌って踊っているという事実に思わずチャンネルを間違えたかと思った。フレッシュの時にも思いましたが、プリキュアはあくまで普通の女の子が戦うというのを売りにすべきなのであって、アイドル路線はどうかと思うんだよな。アイドル作品は作品であるんだしさ。女の子に対するマーケティングとして売りやすいってのはわかるんだけどよぉ。ねー

 

 

相変わらず甘ブリは面白いです。