瀕死日和

ゲーム録だったり読書録だったり感想いろいろ

真流行り神プレイ記3

 

真 流行り神

真 流行り神

 

 今さらですがハードはPS3でやってます

大画面で出来ることを喜ぶべきか悲しむべきか

 

短期集中プレイしないと途中放棄してしまう危険があるのでサクサクと

 

・死臭編

生贄編がエグイと書きましたがこれもエグい

都市伝説にうまいこと絡められてると思うよこれは

これまで発生しているルートに比べるとすんなり楽しめたというか

そこまで展開に違和感なく進められました

犯人側が狂気の人なのはこれまで通りなんですが

敵側と味方側がしっかり分かれているので納得しやすかったのか

特ラ課メンバーがさしょから最後まで仲良しだったのが良かった

でも後味が良いわけではない

 

・人形編

バリバリオカルトルート第二弾

しかし純粋なオカルトではなく人間の悪意がかかわってるんですけどね

オカルトルートにしろ唐突過ぎるというか肉づけが適当過ぎる感はぬぐえない

主人公と風守がずっと一緒に行動してくれているので何気に嬉しいルート

お前かー!!と叫ばずにはいられない犯人

関本が完全空気すぎて辛い

 

 

これで基本ルートはすべてクリア

全編Sでクリアすると隠しルートが出現するらしいので回収してくる!!

 

しかし隙間禄で想像以上に謎を振りまきまくってくれる

そして全力での番宣、嫌いじゃないよ