読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瀕死日和

ゲーム録だったり読書録だったり感想いろいろ

キンプリはいいぞ、を言ってみたかった

アニメ

 うわさのアイツをやっと見た!

 予備知識として、私はプリリズムは見たことがなく、現行のプリパラをなんとなく見ているくらいである。すっげえキラキラしているよねプリパラ。しかし時々、うっすらとした狂気を感じるよね、プリパラ。

 

「キンプリはいいぞ」というフレーズで一躍脚光を浴びた今作。ツイッターではレポ漫画があふれ、見る人見る人が沼に落ち、応援上映という斬新すぎるシステムでいまだに全国の映画館で上映されているという謎現象を起こしている作品だ。オトメゲームをたしなみ、そこそこのオタク女子であると自負している以上、見ざる得ないと思っていた。

本編、冒頭からこれはなんなんだ?という疑問が押し寄せる。これは、これはいったい。踊り、踊り狂うイケメンたち。そして乱舞するハート。合いの手用な字幕。やばい、やばいぞ。もうなんか息切れがしてきた。応援上映がすごく楽しいんだろうなということが伝わってくる。突然現れて裸になる男子がどうやら主人公らしいが、何の説明もなく「お前は誰だ」という疑問が浮かぶが、そんなことは些末な問題だと言わんばかりに大問題が画面いっぱいから押し寄せてくるもんだから流れ去っていくよ!飛ぶ。飛んだ。自転車がブームメント。唐突なる勧誘。いいのかそれで。宗教とかマルチだったらどうするんだよお前。もはや突っ込みが追い付かない。花魁出てきた。男の娘出てきた。だめだ、突っ込みが追い付かない。男アイドルのドロドロとした裏幕を見せつけられたかと思ったら溢れ出す友情のターン。これは、何を見せられているのだろう。

頑張って感想とかまとめとかを書こうと思ったけど、頑張れそうにないので許してほしい。とりあえず、噂の尻からハチミツはおもったよりもかわいい感じでひねり出されていたので、許せる。 EZ DO DANCE。あとさ、最後、ラストな。続編どんなことになるのさ。めっちゃ煌いてた。

最後まで見たんですが、私はいったい何を見ていたのかよくわからないままに終わってしまいました。しかして世界は煌いている。見終わった後に友人に「キンプリはいいぞ」というラインを送っていた。指が勝手に動いていた。後悔はしていない。

 

レンタルも出ているので、気になる方は一見の価値はあると思います。