読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

瀕死日和

ゲーム録だったり読書録だったり感想いろいろ

おそ松さんの3.5話を見た

伝説の第一話がお蔵入りになった為に急きょ作られたオリジナルストーリーという名目のDVD1巻特典である3.5話をやっと見た。うん、見た。

 前半はF6パート。しょっぱなからイケメンがイケメンであるイケメンだけのターン。もはや何を言っているのかわからないと思うが、私も何を見ているのかわからない。とりあえずF6がイケメンが雰囲気イケメンだろう?こういこうとだろう?的なイメージビデオに出てきそうなワンシーンを延々と演じてくる。そしてじわじわと方向性を見失い、え、イケメンてなんぞや?という疑問符に襲われ始めたところで、1話冒頭のコンサート会場での裸祭。唐突なるオチ。おそ松ジャスティス。

後半は噂の童貞5ターン。二次創作で腐るほど見てきたカラゲルゲの全容がようやく把握できた。なるほど、かわいいじゃないかカラゲルゲ。幼獣なら飼いたいぞカラゲルゲ。あと、無駄にカラ松がかわいいと思うのは私だけでしょうかカワ(・∀・)イイ!!トド松を仕留めに行ってすごすご帰ってきてからのターンがメタくそカワ(・∀・)イイ!!ええ、私はカラ松ガールズですよ。あと一松がたまんねぇ。ああ、沼だ。

 

しかし、おそ松さんはすごい世界だなぁと思います。とりあえず六色そろえとけばグッズにもなるわけだし。物流の時流に乗ってありとあらゆる物販がなされているという。世の中を動かしたよねぇ。そして舞台にもなるという。なんという荒稼ぎ。私もひっそりと応援して楽しませていただいています。半端ない。好き。