瀕死日和

ゲーム録だったり読書録だったり感想いろいろ

小野不由美「鬼談百景」「残穢」

時間ができたので久々に活字を読んでいる

 

手軽に読みたかったので久々に文庫本を購入

鬼談百景 (角川文庫)

鬼談百景 (角川文庫)

 

 本当に短い話ばかりの怪談集。サクサク読める。しかしさすがの文章力で読んでる最中はなんとなく背後が気になる気分にさせられます。

解説が稲川順二さんなんだけど「怪談に殺人鬼が出てきてはいけない」という話に妙に納得してみたり。面白かった。

 

そして関連作かつ映像化が決まっていると聞いたので、急いで図書館で借りてきた。

残穢 (新潮文庫)

残穢 (新潮文庫)

 この話の主人公が前述の怪談集を書いているという設定。なんだか妙にリアリティがあるというか、衝撃的な話ではないのに衝撃的というか。ホラーミステリーというよりかはホラードキュメンタリーに近い気がする。事実だったら怖いよなーみたいな。いや、もしかしたら本当に事実なの?みたいな。

 

久々の小野不由美作品、面白かったです。