瀕死日和

ゲーム録だったり読書録だったり感想いろいろ

進撃の巨人をまとめて読んでみた感想

有名作品だというのに実は漫画もアニメも全然見てなかった私。 

進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)

進撃の巨人(1) (少年マガジンKC)

作者の諌山先生は我が大分県出身らしく、よく地元新聞に載ってる。だんだんイケメンになってないか?地方振興に尽力してくれているらしくて頭が下がる思いです。元旦の新聞には何故か兵長のイラストが載ってて進撃パネェと思ったのはいい思い出です。

面白いので見てみたいと思ってたし、周りからは「兵長にハマるよ、兵長に」と散々言われていたので重い腰を上げてよっこらせと全巻一気読みしてみました。

結果、周囲の期待を裏切るように私はユミルとクリスタが可愛くてかわいくて一直線でございます。兵長そんなに琴線に触れなかった。

いやー以前は俗に言う「俺様系」を一途に愛していた私ですが、年をかさねて趣味が変わったんでしょうね。いや、これまで好きだったキャラに変わりはありませんよ。最愛の二次元は未だに跡部景吾さまでございます。もう跡部様は俺様とかじゃないよね、そんな次元ではもはやない。

 

話はずれましたが、進撃の巨人は噂にたがわず面白かったです。画力は確かに昨今の美麗作画になれていると「お、おう」と思ってしまうところはありますが、面白いものを書こうとする迫力は感じますのですごいなぁと。別に読みづらくはないし、キャラクターも立っているので作品としてのクオリティは高いと思う。

個人的に漫画は「キャラクター」「構成力」「作画」の順に大事だと感じているので多少の作画が気になってもキャラクターが魅力的で話の構成力があれば、読む分には問題ないかと。まぁ3つのうちどれかが突出してるとまた評価は違うのでしょうけど、進撃は「キャラクター」と「構成力」が素晴らしいのだと思います。

 

14巻まで読んだのですが、話はどんどん進んでるけど肝心の謎はほとんど明かされていないのでジリジリしますね。クリスタ不憫。ユミルかっこいい。エレンは巨人を駆逐する!という意思で強いのかと思ってましたが、ミサカを助けた経緯を思うと幼少時から過激派じゃんねーと思ってみたり。ミサカ可愛いけど、ヒロイン枠では決してない。サシャ愛しい。

本当に容赦なく人が死ぬのでいちいち「ヒィ」とか言ってられない。漫画なのでそこまでおどろおどろしい感じはしませんが、アニメで色が付くとなると迫力だろうなぁとか。

アニメは未視聴。OPがかっこよくて紅白出たのはいいけど・・・というのは認知しております。あとハイキュー!!最終回の翌週に放映された過去の話は見た。今度、アニメ前半を再編集した劇場版があるそうなので、ちょっと見てみたいかなーなんて。

 

来月には新刊が発売されるそうですね。なんかOVAがついてるらしいけど、我が家は電子書籍なので関係ござらんでござる。

電子書籍が流行すると、この限定版商法がどう変化していくのかも今後気になるよね。限定版だけ紙媒体で買うとかバランス悪すぎるし。どうにかならんもんかしら。