瀕死日和

ゲーム録だったり読書録だったり感想いろいろ

NARUTO最終回

紙媒体だと処分に困るという理由から早々にジャン+会員になった我が家です

NARUTO終わっちゃいましたね。中忍試験の後あたりから全然真面目に読んでなくて、ここ1年くらいをようやく雑誌で斜め読みしていた不真面目読者ですが、15年も連載していたと思うと感慨深いものです。最終回は2話同時掲載かつ1つはフルカラーという集英社大盤振る舞いですが、海外でも人気が高い作品ですしね。当然かと。すげえなぁ。子供世代のお話は「ふぇぇぇぇ」な気持ちになります。

しかし15年て。いやワンピースのほうが連載期間は長いんですが、15年て。連載当時に生まれた子が中学生でこの最終回を読んでいると思うと胸熱。

第一話掲載誌が無料配信されているのでざっくり読んだのですが、連載陣が豪華すぎてすごかったです。ある意味では黒歴史満載の時代(私にとって)なので読み進めるたびに「うぉーうぉー」ってなった。封神*1とか笛*2とかヒカ碁*3とかさぁ・・・もぉ・・・初期のテニプリ*4はもはや見ているだけで動機息切れがしてくる始末。マジ勘弁してほしいわ。

何が驚きってこのころまではワンピースとハンターハンターの単行本巻数がほぼ同じだったということ。どうしてこうなった感が否めない。

 

オタク女子の歴史はジャンプとともにありと言っても過言ではないと思うんですよ。思えば私もるろ剣で足を滑らせ、今はハイキュー!!ですからね。ほんとジャンプ罪深い。

 

これからも素敵な作品を掲載していってもらいたいものです

*1:中国三大奇話の一つ、封神演義をコミカライズしたフジリューの罪深い作品。当時これで道を踏み誤った女子の数は半端ない

*2:ホイッスル!派手な特殊技やネットを破くようなシュートがない硬派サッカー漫画。某アイドルが主人公の声優でアニメ化までしたがファンからみれば黒歴史である

*3:もはや説明不要かと。各地の学校に囲碁部できたよね

*4:テニスの王子様。我が人生