瀕死日和

ゲーム録だったり読書録だったり感想いろいろ

ホリミヤ6巻

 ネット連載で有名なあのマンガのコミカライズも6巻。早い。

ホリミヤ(6) (Gファンタジーコミックス)

ホリミヤ(6) (Gファンタジーコミックス)

刊行ペースが速いのは人気の表れなんでしょうね。本編に居ない子が表紙センターなのが愛しい。 

 

原作である「堀さんと宮村くん」*1は本編がとうの昔に完結した頃に存在を知って、あの膨大な量を時間を忘れて読みふけったものです。更新されるたびにウキウキなる。漫画も古本屋でセット買いした。しかしすべてWEB掲載の完全再録なので集めるのをやめた私。ネットで読むようが味があっていいよね堀宮。

しかしWEB漫画のコミカライズとはなんぞや!と突っ込みたくなりますが、堀宮を呼んだことがある人なら分かる連載が続くにつれて膨らむ初期設定との齟齬を上手にまとめて仕上げてきてくれてるのがホリミヤですよね。

 

今巻は思わず「おおっと!」と軽く動揺するシーンがあるのですが、恋愛にガツンと焦点を当ててる巻だからいいのか、いいのよとわけわからん自分への言い聞かせをしました。桜ちゃんが超可愛いです。

あと、これまでは原作のストーリーのまとめ話が多かったですが、おまけ的なネタをふんだんに盛り込んだお話もたくさんあってよかったです。どうでもいいことを淡々と。これぞ堀宮の心髄。

 

あとはツートンのイケメンと緑の妹が出てきてないだけだな。楽しみ。

*1:超有名どころのWEB漫画(個人で無料)みんな読むべき